大阪のソープランド

大阪風俗 ソープ

関東には、吉原・堀之内・南町・福富のソープ街があります。関西最大の風俗街ミナミとキタに、ソープランドは1店舗も存在しません。大阪花の万博の開催に合わせて条例を改正し、警察の取り締まりを強化したからです。1990年に45店舗あったミナミのソープが、2年後は17店舗に激減しています。最終的に大阪のソープは、全て廃業の道をたどったそうです。

 

大阪花の万博前のソープは兵庫の福原と同格だった

大阪花の万博前の風俗データを調べると、大阪には60店舗以上のソープランドが営業していた記録があります。60店舗といえば、兵庫の福原ソープ街に匹敵する規模になります。御堂筋の西側にソープ街があり、雄琴や福原の経営者による系列店が主流でした。当時の金額で大衆店は1万円から、高級店で3万円くらいが相場だそうです。タイムマシーンがあれば、一度遊びに行ってみたいですよね。

 

職場を失ったソープ嬢はどこへ!

職場を失ったソープ嬢は、ソープのマットを継承する「マットヘルス」に流れたそうです。ソープの本番を継承するソープ嬢は、本サロと飛田新地に向かったと考えられます。アメリカ村にあるヘルスやラブホテルは、その前身がソープだと聞いたことがあります。ソープの歴史を振り返ってみると、大阪風俗に「マット&ヘルス」が多い理由も分かる気がしました。

 

大阪から一番近いソープランド

大阪から一番近いソープランドは、兵庫県の尼崎と福原になります。福原のソープ街へは、阪急梅田駅から新開地駅まで40分でした。新開地駅前が福原のソープ街になっています。尼崎のソープへは、JR大阪駅から尼崎駅まで新快速で5分!福原より近いのですが「ソープLOVE ACTIONとファッションソープ阪神」の2店舗しかありません。

 

オススメの大阪風俗情報!

 

尼崎のファッションソープ阪神

大阪天満宮の天神祭が始まる前に、尼崎の「ファッションソープ阪神」という風俗で遊んだことがあります。たしか70分総額27,000だったと記憶しています。尼崎駅から5分ぐらい歩いた葬儀場の隣りで、店は年代物ですが泡姫は若くて可愛い娘でした。2階のプレイブースも年代物ですが、可愛い子に当たったので気になりません。フルアシストで服を脱がせてもらい、スケベ椅子洗いが終ったら混浴タイム!潜望鏡を期待してたら、女の子はマットの準備を始めてしまいました。

 

マットにうつ伏せで寝ると、ローションプレイの開始です。乳首なめからフェラ、そしてアナルなめ・・・はスルーでした。知らない間にゴムを装着されて騎乗位の合体!泡姫のオーバーアクションに興奮して発射!ローションを洗い流したら、ベッドで二回戦突入なんです。久しぶりの合体で、オチンチンがよろこんでいました。

 

尼崎のソープLOVE ACTION

尼崎のソープLOVE ACTIONの前は、ジャンボというファッションヘルスでした。ソープLOVE ACTIONは、ファッションソープ阪神から国道2号線を渡った向かいにあります。LOVE ACTIONに変わる前は、エステコースとヘルスコースに分かれていました。エステコースは若くて可愛い娘が多かったと思います。ヘルスコースは潜望鏡とマットがあり、フィニッシュは素股でした。ソープに変わってから合体もありですよ。大阪のデリヘルもいいですがソープもお忘れなく。

 

二軒ともホームページがあるし、イベント割引きもあるのでチェックしてください。